MEDICAL SERVICES
4 反復着床不全
不妊症とは
体外受精において40歳未満の方が良好な受精卵を4回以上移植した場合、80%以上の方が妊娠されるといわれています。良好な受精卵を4個以上かつ3回以上移植しても妊娠しない場合を反復着床不全(repeated implantation failure:RIF)といいます。

反復着床不全の検査として、
1
子宮内環境の問題
子宮鏡検査(子宮形態異常、子宮内膜ポリープ、慢性子宮内膜炎の診断を行います)
2
受精卵を受け入れる
免疫寛容の異常
免疫検査( Th1/Th2細胞、ビタミンD)
3
ERA、EMMA、
ALICE検査
ERA(Endometrial Receptivity Analysis)検査:子宮内膜には受精卵が着床可能になる適切な時期があります。移植する日の子宮内膜が着床可能な状態にあるかを遺伝子レベルで調べ、移植に最適な時期を判断します。

EMMA(Endometrial Microbiome Analysis)検査:子宮内の細菌叢をみる検査です。子宮の細菌環境が移植に適切な状態にあるかを判定することができます。

ALICE(Analysis of Infectious Chronic Endometritis)検査:子宮内の細菌の中で特に慢性子宮内膜炎を引き起こす細菌を検出します。