MEDICAL SERVICES
2 一般不妊治療
タイミング法
排卵直前が妊娠しやすい時期ですので、夫婦生活のタイミングを排卵に合わせていただくことが必要になります。基礎体温をつけて頂いている患者様もいらっしゃいます。排卵の時期を知る上では基礎体温もとても大切ですが、それだけでは不十分です。
排卵が近づくと卵胞の大きさが徐々に大きくなります。超音波検査で卵胞の大きさを計測することで、排卵日を予測することができます。
月経周期が28-32日周期の場合は、月経開始後12-14日目頃に受診いただきます。
人工授精
性交障害、射精障害、軽度の男性不妊(元気な精子がちょっと少ない等)、また原因不明の不妊症の方には人工授精を行います。
人工授精では自然周期よりも排卵誘発周期の方が妊娠率が高くなることがわかっています。当院では人工授精周期は原則、排卵誘発を併用するようにしています。
人工授精は、調整した精子(精液を洗浄して元気な精子だけを選んだ状態)を子宮の中に入れるという操作です。受精は自然妊娠と同様に卵管膨大部で起こり、その後の着床や受精卵の発育も自然妊娠と全く違いはありません。