培養室

LABORATORY

培養室

培養室は、患者様の大切な卵や胚、精子をお預かりしている場所です。
患者様一人ひとり異なるように、一つとして同じ胚、精子は存在しません。私たち培養士は、いかに個々の力を低下させることなく培養できるかを日々考えながら、それぞれの卵や精子と向き合っています。患者様に寄り添い、お力になれるよう医師やスタッフとともに励んでいけたらと思います。
当院の特徴
培養室
胚は非常にデリケートであり、培養庫の外に出すたびにダメージを受けます。一定の培養環境を維持することは重要なことであり、当院では、培養庫内で成長過程を観察できるタイムラプス(受精卵観察システム)を採用しています。 また、受精後から時間経過に沿って画像を記録することができるため、移植に使用する胚の選別を行う際に形態学的評価を行うことができます。タイムラプスイメージングによる胚の選択は、通常の培養庫から取り出し選択する方法に比べて妊娠率が20%向上するという報告もあります。
※出典:生殖医療の必修知識2017 p307、Fertil Steril 2012:98:1458-1463
アシステッドハッチング
受精卵の一番外側に殻のような部分があり、透明帯と呼ばれます。透明帯が開口する孵化(ハッチング)が起こった後に、胚は着床します。
透明帯>孵化(ハッチング)>着床
透明帯は、年齢の上昇による肥厚や硬化、凍結融解による硬化などが報告されています。
この透明帯を薄くしたり切れ込みを入れたりすることで、孵化を補助する(アシステッッドハッチング)ことができます。アシステッドハッチングには化学的方法(酸などの薬品を使用)と、機械的方法(レーザーを使用)があります。
当院では、光や温度変化による胚へのダメージを抑えることのできるレーザー法を採用しています。